役員付運転手Life

役員運転手になる前にタクシー運転手を経験しておいて良かった点

今回のこのテーマを書くにあたっては、やはり自分の体験からの意見を素直に書く方が説得力があると思いますので、その当時の事を思い出しながら書いていきたいと思います。(別に今回だけ体験記となっている訳ではありませんので。私の記事は実体験ばっかりですので。悪しからずよろしくお願い致します。)

 

タクシー運転手をやっておいて良かった点 その1 運転技術

まず最初に良かった思うのは運転業務全般に関する勘を取り戻せた事に尽きます。ただ、全般と言ってしまっては範囲がぼやけてしまいますのでもう少し細分化しておきます。

 

道(地理)の再マスター

私がタクシー運転手の仕事をやり始めた時は、かなり運転から離れていた時でした。もっともよく仕事で車を使用していたのは30代の時まで。つまりペットショップにて働いていた頃までですね。

 

参考:40代13社転職体験記

 

50代になって初めてこの業界に入りましたからかれこれ10年間のブランクがあったわけです。10年っていう時間は勘を取り戻すにはちょっと難儀な作業でしたね。まあ、車を走り出し始めたら色々思い出してもきますが、道の記憶が曖昧になっている場所も結構たくさんありました。殊に10年も経つと街の風景が一変している事に戸惑いましたね。

 

つまり20年前の記憶が蘇ってくるのですが、目印となっていた看板や店の看板などがなくなっていたり変わっていたりして面食らった事は何度もありました。

 

そりゃ、街並みの風景も10年ものブランクがあれば変わるのも当然ですよね。なのでこの1年間の経験は忘れていた道の再確認という意味合いにおいては物凄くいい経験をさせてもらったという事になります。

 

運転操作、交通法規の再確認

一旦停止や徐行、最高速度の遵守など、これまであまり意識してこなかった運転の姿勢が基礎から身につけれた、という点も大きかったですね。タクシー運転になるためには免許を通常の第1種普通免許から第2種普通免許に変えなければなりません。

 

その為に教習所へ再度、入所して2種免許取得のために約2週間、通い詰めました。

 

これがかなりいい経験となってくれましたね。

 

もともと自分は安全運転の方だったのですが、それでも教官レベルの目から見たらアマチュアの域を出ていない運転内容だったようです。タクシー運転手はお金をもらって命ある人間を後席に乗せて運行する仕事です。人一人の命を自分を自分が握っている事になるのです。

 

当然、今まで以上の安全確認に基づいた運転をしなければならない、という訳です。

 

私も忘れていた道路標識や交通法規を頭に叩き込めたことも助かりました。この知識なしでいきなり役員運転手をやるのはちょっと乱暴な事だとは思いますね。

 

ここまでの2点は嫌な思い出の多かったタクシーの仕事の中でも、避ける事の出来ない有難い体験ですね。

 

タクシー運転手をやっておいて良かった点 その2 お客を乗せて運転するという経験

次に良かったと思うのは、実際にお客様を乗せて走った経験ですね。

 

これはやった事のない人でしか実感できない貴重な体験です。

 

一般的に役員運転手の場合、後ろに乗っていただく方は固定されています。企業のオーナーであったり役員待遇の方であったりですね。

 

これらの人を何の経験もなしに乗せる事はやはり緊張もしますし、それが運転姿勢にも影響してきます。初めて役員運転手をやる人が後ろの人から指摘されてしまうのがこの雰囲気です。狭い車内空間は二人の距離感も近いのでお互いに思惑が面白いようにダイレクトに伝わります。

 

つまり緊張してガチガチになっていたらそれが運転にすぐさま反応し、後ろの人から見たらものすごく不安を覚えてしまう運転になってしまうのです。ところがわずか1年でもタクシーを経験しいるとこの感覚がとてもマイルドに柔らかくなります。

 

後ろに乗っている人に不安感を与えない運転が出来るという事なんですよね。この点がタクシー運転手をやっていて得をしたと思えるもう一つの利点ですね。

 

最後に 役員運転手になる前にタクシー運転手をしておいた方がいい?

タクシー運転手をやっておいたおかげで良かったと思える点はまだまだあります。道路が混んでいる時の裏道への巡回をスムーズに出来るとか、後ろの座席の方との会話をスマートに出来るとか、ドアサービスの作法を会得出来るとか、車の清掃方法をマスター出来るとか。

 

そういう意味では、あの1年間の経験はしんどい事も多かったのですが役に立つ事も多々、あった訳です。どんな事でも次のステップに生きてくる事があると思えば我慢してやる事も出来るんじゃないでしょうか?

 

役員運転手を目指している方もまずは就職もしやすいタクシー運転手の経験をしておくこともおすすめですよ。

 

タクシー運転手の求人はタクシー運転手専門の求人サイトを利用するのが近道です。

 

⇒タクシー運転手求人専門 ドライバーズワーク転職サポート

 

役員運転手のための準備期間と割り切って、あまり体に無理はさせない程度でしばらくタクシー運転手を経験するのがいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

役員運転手の求人ならリクナビNEXT


 
TOP 役員運転手の求人情報 役員運転手の業務 役員運転手の思い出 タクシー運転手との違い