役員運転手という仕事の長続きのコツ

役員運転手という仕事の長続きのコツ

どんな仕事でも相性というのはあると思います。私自身もこれまで、転職を10回以上やってきてしまった人間なんで、大きな事は言えません。でも、確かに長く続けられる仕事とそうでない仕事というのはありそうです。

 

役員運転手の仕事はここまで約5年目という事になります。まあ、続いている部類に入る仕事だと思います。これまで続いた仕事で一番長かったのが10年。その次が8年でしたから。

 

では、この仕事が続いている秘訣というかコツみたいなものは何かあるのでしょうか?

 

優先順位を決める

この仕事こそ自分自身がしゃしゃり出てはいけない仕事です。主役は常に役員様。二番目は役員様の会社の人達。及び運転手仲間です。三番目が自分の所属する会社。業務請負契約業の社員なのでこういうかたちになります。

 

そして、やっと四番目に自分ですね。この順位が常に頭に入っていて、この通りに行動できていたならば、まず職場内で粗相を起こす事はないでしょう。

 

この、優先順位。はっきりと認識できたのは30代になってから。その時が丁度、10年間勤めたペットショップの時代でした。そして、その前の8年間は初めて社会人となった会社。全く優先順位を理解も認識もしていなかった時代。それでよく8年も続いたもんだと思いますが、実際問題、この8年間は自分にとって最も選択を誤った8年間でした。

 

ちょっと話が逸れますが参考の為に書いてみたいと思います。

 

自己中丸出しの8年間

この会社は事務用品の卸の会社。俗に言うところの中小企業です。でも、今に至るまで潰れる事もなく、むしろ同業他社を吸収して規模は大きくなってきています。立派な優良企業だった訳ですよ。

 

そこで私は営業マンをやっていた訳ですが。特別、難しい仕事内容でもありませんでした。なので、自分の人柄を武器にしてそこそこやってたつもりです。でも、そのそこそこが良くないのです。3年目あたりから仕事に対する夢や目標がなくなってしまいました。なまじ、中途半端な成績を上げていたせいか、全然謙虚になれません。自分の実力を過大評価してしまい、自分が楽しく仕事ができないのは会社が悪いからだ、と思いっきりネガティヴ発想になってしまっていました。

 

今にして思えば、ここで踏みとどまって辛抱していたならば別の人生が待っていたかもしれません。しかし、当時の馬鹿な私の頭では人の忠告も一切、聞き入れる余地はありませんでした。結局、自業自得っていう事になる訳ですよね。

 

自分が納得できて初めて優先順位の意識も芽生える

その後、40代で10回もの転職をしてしまいます。優先順位の発想はあったのですが、早い所は3日で辞めた会社もありました。結局、自分の力量に見合った所が自分にとって最も居心地のいい場所、という簡単な事にやっと気付いたのです。自分の力量の中には当然、仕事の難易度というのもありますが、結構大きなウエイトを占めるのが人間関係なんです。

 

いくら、仕事の方は人並み以上にこなせていてもその職場を取り巻いている人間関係には上手に取り込んでいかない限り、抗う事はできません。ましてや、40代の時はペットショップ時代の成功体験追い求めて、人を使う立場の会社にばかりいました。

 

結局、それが自分にとって分不相応だったという事が10年かかってやっと分かった、と言うことです。

 

では、今の役員運転手の仕事はどうか?と言いますと、これが実に快適です。まず、自分が兵隊役に徹していれば誰も文句は言ってきません。自分は一運転手。その立場さえ守って仕事をやっている限りこの立場を侵害しようとする者は現れてきません。

 

リーダーをやっている時はこういう訳にはいきませんでした。常に誰かが私の所へ来ては、誰それさんへの不平や悪口を言ってきます。ペットショップにいた頃とは、全く違ったストレスに我慢ができなかったのです。

 

でも、役員運転手の仕事は自分が運転手としての本分をしっかり守っていてば全くストレスはかかりません。確かに給与的にはそんなに高額な部類ではありませんが決して低い水準でもありません。家族一つがこの先やっていくのにまあ、何とかやっていけるというレベルはあります。

 

それで十分なんだとやっと気付いたという事ですね。

 

職を長く続けるためには まとめ

40代の時は高額報酬の仕事ばかり追いかけていました。結局、そういった所は人間を引きつけておく何かがない、という事なのですよね。

 

なので、役員運転手の仕事では決して自分は出しゃばりません。自分自身の要求や要望なんかはないか最後の最後の順番でいいと思ってやっています。それでこの5年間は特に問題なくやってこれました。恐らく今後も同じスタンスでやっていくでしょう。

 

だから、自分自身に高い夢や目標があるという方にとっては役員運転手の仕事は性に合わないかもしれませんね。何せ役員様の運転手なんですから。自分で決めて好きなように動ける仕事ではないのですから。

 

そこを、理解できた人にとってはきっと長続きできる仕事になるんじゃないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

役員運転手の求人ならリクナビNEXT


 
TOP 役員運転手の求人情報 役員運転手の業務 役員運転手の思い出 タクシー運転手との違い