役員運転手に紹介しやすい人、しにくい人

役員運転手に紹介しやすい人、しにくい人

役員運転手の仕事の求人は一般的には新聞広告や求人サイトなどからの応募が通常です。しかし、運転手不足となっている事業所にとってはそれだけでは足りないようです。既にその会社の社員となっている人からの紹介という形で新しく人を募るという方法もあります。

 

では、以下にどのよhな感じで行っているのか、簡単にご紹介してみたいと思います。

 

どんな会社が探しているのか

その会社の運営方針にもよると思いますが、概ね、紹介という形で人を採用する所は直接採用になる所か業務請負契約のスタイルをとっている会社ということになるでしょう。直接採用は直に雇われる会社の社員となりその会社の社長ないしは会長様か顧問様をお乗せする立場となります。
業務請負契約業の会社は一旦、その会社に社員として雇われてからその他の企業へ専属運転手として派遣に似た形で赴きます(身分は派遣ではありませんので)。

 

どちらのケースも経験があり信頼できる人であれば採用したいという意気込みを持っております。
全く知らない人を一から面接して採用するよりも安心度が高く質の高い人を獲れるというメリットがあるからでしょう。

 

会社から紹介者を受け入れられやすい人

紹介する人がまだ、入社して1年未満であるとか、過去1年以内で何度も違反や事故を起こしているような
人では会社からの信頼感はまだないでしょう。よってこのような人からの紹介は会社も真剣に相手にしてくれません。やはり、きちんと信用してもらうためにはこの1年間で無事故無違反であり、入社1年以上という条件は満たしておいてもらいたいものです。

 

また、このような人ならば紹介を頼む方もいい迷惑となってしまいます。頼む方の人もその人の人間性や日頃からの言動などには注意を払っておいた方が良さそうです。

 

会社はこんな人を紹介してほしい

では、具体的にどんな人であればすんなり紹介が通るのでしょうか?

 

ベテランである

この条件は重要です。役員運転手の仕事柄が信用第一であることを鑑みると紹介された人がベテランであるというのは会社側を安心安させる条件です。

 

この1年間、無事故無違反である

いくらベテランのドライバーさんであったとしても直近の1年間で何がしろかの違反や事故を起こしていてば採用はおろか面接にも進めないかもしれません。それほど、過去の違反暦というのはこの仕事にとっては重要な影響を与えてしまうのです。

 

前職も役員運転手かタクシードライバー経験者

ということは道をよく知っているということを意味します。この仕事を始めるに当たって全くの素人となるとかなり厳しいものがあります。地理に詳しくない素人さんどこの企業が役員運転手として来てほしいと言ってくれるでしょう?やはり、一度どこかで経験を積んで道をよく知るようになるとか、役員運転手の経験を積んでおくとかのキャリアは欲しい所です。

 紹介されてもパスされてしまう人

実年齢が若い人

これは実際に私が体験したケースです。前職の会社の先輩から一人、役員運転手を希望している人がいるのだが、という事で紹介を受けました。早速、会社の担当者に聞いてみたのですが、まず年齢がまだ20代だったのが引っかかりました。一般的には20代の人ならば転職やり放題というイメージがありますが、役員運転手の世界では違うようです。あと、この人が引っかかったもう一つの理由が運転の仕事が未経験という事でした。

 

どうやら、私が所属している会社はベテランの経験者でないと受け入れられないようです。きっと若い未経験の人を育てていく体制が出来ていないのでしょう。それはそれで仕方のない事です。という事で今回は諦めてもらった次第です。

 

健康面に不安のある人

これも体験上の話なのですが、前職で同僚だった人が自分自身を売り込みにやってきました。成る程、年齢的にもキャリア的にも申し分はありません。ところがいってん、気になる事を言いました。最近になって内臓の病気が発症しげんざい、通院中であると。ううん、これでは私も自信を持って会社に売り込む訳にはいきません。役員運転手にとって、健康管理は安全運転と並んで重要な責務であるからです。

 

よって、今回のこの人も保留扱いです。まずは病気を完治させてからお願いします、という事で。

 

役員運転手として紹介しやすい人、そうでない人 まとめ

いかがだったでしょうか?たかが運転する程度の仕事で、やけに敷居の高い事を言ってるな、と思われたのではないでしょうか?

 

しかし、事実こういう世界なので嘘偽りは全くありません。役員運転手の仕事は信頼が第一です。信頼の中には、安全運転、人としての常識、健康管理など様々な要素が絡んでいます。これらの要素を日々、私たちは労働力に変えて給与をいただいている訳です。なので、一つでもこれらの要素が欠けていたならばこの世界では仕事をしていく事ができません。いくらオタク系の趣味を持とうが全く人付き合いができなかろうが以上の要素をしっかり守って仕事をこなせられるのならばそれでいいのです。

 

どうでしょうか?少しは役員運転手の世界がお分かりいただけたでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

役員運転手の求人ならリクナビNEXT


 
TOP 役員運転手の求人情報 役員運転手の業務 役員運転手の思い出 タクシー運転手との違い