役員運転手の求人は入れ替わりが激しいのか?

役員運転手の求人は入れ替わりが激しいのか?

 

まず最初に行っておきたいのは「決して役員運転手の求人が常時出ている訳ではない。」という事です。この事を前提に置いてから記事を書いていきたいと思います。

役員運転手の求人の頻度

求人というものは需要と供給の関係が成り立たなくなるからかかるわけです。役員運転手の求人にしても同じ事が言えます。役員運転手の平均年齢が世間一般の人よりも高いという事を鑑みれば求人のサイクルが早く回る事は容易に想像できます。ということは世の中に定年間近の方が大勢いらっしゃるという事が言えます。更に景気の動向によって急遽、求人が発生してもきます。

 

なので結構コンスタントに役員運転手の求人はあるという事は事実のようです。

 

すぐに運転手を変えてしまう会社もあるのか?

これは、事実としてあります。そういった所に配属されるなり社員として入社した場合はすぐに変えられてしまう事も否定できません。ただ、社員として入社した場合は例えその職場がミスマッチな入社だったとしても辞めるかどうかは難しい判断です。

 

役員運転手として直接に社員として採用されるケースというのは少ないのです。50歳を超えた人を今更新規で社員採用してくれる所なんて探してもそう簡単には見つかりません。なので、例え入社した所が相性の悪いブラック的な役員さんだったとしても自ら引くというのは中々出来る決心ではありません。

 

入れ替わりを頻繁に行うのは運行会社から配属された運転手さんとなります。

 

相性が合わなければ我慢は無理?

いくら研修や教育を受けた役員運転手でも配属先の役員様とピタッと相性が合うかどうかはなんとも言えません。なので運行会社の方も役員様の希望に叶った人間を何名かピックアップして面接してもらいます。

 

通常はそう何回も違う人を面接するという事もありませんが場合によってはそういったケースになる可能性もあります。また、一旦は決まっても何度か運行を重ねた末にやはり相性が合わないということでチェンジされてしまう事もあります。こういう場合は致し方ありません。

 

いくら合わそうとして我慢しても結局、無理があるので長続きしないでしょう。

 

何故、相性が合わないのか?

これはその役員様の気質や人間性をとことん分かっていないとならないでしょう。特に創業オーナー様というのはいい意味でも悪い意味でも独善的でワンマンです。ちょっとでも自分の気に入らない事があれば猛烈に怒られます。怒られて気分のいい人なんていませんよね?こんな事が1ヶ月も続けばどんな優秀な運転手でも嫌気がさすでしょう。

 

それはそっくりそのまま役員様の方もそう思っているでしょう。そういった方の頭の中は運転手さんへの配慮なんてこれっぽっちも存在しません。役員様は自分の会社の行く末の事ばかりで頭が一杯なのです。ですのでこのポイントを理解できる運転手さんならば継続してその役員様と一緒に組めるかもしれません。

 

ですが、私もチェンジされた運転手さの仲間を大勢見てきました。現実問題、私がそういったアクの強い役員様と当たった場合、我慢できるかどうか不明です。我慢は良くありません。心身ともに疲弊して心の病気を引き起こす可能性もありますから。役員運転手は常に健康な状態に己のコンディション保っておく必要がある事を考えると相性の悪い役員様との仕事は早々に辞退した方がいいかも知れません。

 

今後の役員運転手の求人動向

いくら今現在で役員運転手の求人が多いからと言って今後、ずっと多い状態を維持するかどうかは分かりません。何せ、枠が埋まってしまったらもうそこの枠が空くまでに10年以上かかるかもしれません。ですから、求人の多い時がこの業界の仕事に就くチャンスなのです。

 

役員運転手の求人はやはり首都圏を中心とした東京が圧倒的に多いでしょう。企業の本社が東京に集中している以上、どうしようもない事ですから。よって東京圏以外の地域にお住いの方は決して恵まれた求人状況でないと思います。ですので日頃からハローワークや新聞紙上の求人広告には注意してチェックしておきましょう。

 

役員運転手は入れ替わりが激しいのか? まとめ

如何だったでしょうか?多少なりとも役に立ったでしょうか?どの転職市場にも言えることですが同じ会社が毎年毎年、ずっと求人を出し続けているという事は当然、それだけの人が辞め続けているという事です。つまり、そういう会社は今、流行りのブラック的な企業という存在に限りなく近いという事でしょう。

 

ただ、先ほどの話しの中で登場します創業オーナーというのは決まってワンマンです。自分が右といえば右なのです。朝令暮改は当たり前。ルールなんてものはワンマンオーナーには当てはまりません。求人が頻繁に変わる所というのはこういった会社である可能性が高いでしょう。

 

しかし、だからと言ってその会社が悪い会社だとは決めつけれません。最終的には自分自身で情報を集めて長期的な視点で判断するのが一番でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

役員運転手の求人ならリクナビNEXT


 
TOP 役員運転手の求人情報 役員運転手の業務 役員運転手の思い出 タクシー運転手との違い